トヨタのアルファード、日産セレナ、三菱デリカD:5に乗った感想

トヨタのアルファード、日産セレナ、三菱デリカD:5に乗ったことがあります。
アルファードはガソリン車仕様のXタイプ、セレナはe-powerの一番下のグレード、デリカはDパワーパッケージでした。

 

この3車種の中で癖のないのは、アルファードだと思います。
よくも悪くも、トヨタ車なので、よくまとまった車だと感じました。
運転していて、疲れることの少ない車だと感じました。

 

そして、燃費を重視すなら、デリカD:5もいいかもしれません。ディーゼルなので、低速のトルクがあるので、重たい車体でもスムーズに走り出します。
フルタイム4WDなので、ウィンタースポーツにもいいかもしれません。
そして、ディーゼルなので、燃料が安いのも魅力的です。

 

それから、ちょっと近未来的な感覚で走りたいなら、セレナのe-powerでしょうか。
この車、ハイブリッドですが、基本的には電気自動車です。いってみれば、バッテリー容量が小さい分をエンジンで補っている車です。運転席もモニターがいっぱい並んで、ちょっと未来的です。もちろん、燃費もいいです。

 

ただ、どの車も、室内は広々ですし、前方視界など、運転するのも楽です。ディーラーで試乗して決めるのがおすすめです。

トップへ戻る